ボランティア活動をしないと卒業できない!?海外の高校生のボランティア活動事情!

スポンサーリンク
Kitty

こんにちは!
ハイスクール留学白書、編集者の Kitty です!
高校2年生からカナダの高校に留学し、卒業。
その後日本の私立大学に進学、現在大学3年生として在学しています。
高校留学の経験をもとに高校留学を検討している人への役立つ情報を発信しています!

Kittyをフォローする
高校留学

高校を卒業するためにはボランティア活動をしなければいけない!?

こんにちは!
ハイスクール留学白書、編集者の Kitty です!

みなさん、ボランティア活動をしたことありますか?
日本の中高生では意識が高い人以外滅多にボランティア活動をしているという人はいないかと思います。学校の行事でゴミ拾いや海岸清掃などはやったことがあるかな?くらいの人が多いのではないでしょうか

日本の中高生にとっては学業や部活動、習い事などに比べ、ボランティア活動はなかなか身近な存在ではないですよね

しかし、海外では高校卒業必須単位の中にボランティア活動があるほど重要視されているのです!
また、海外の大学を受験する際にもボランティア経験はとても重要視されています!

今回は、そんな海外の高校生のボランティア活動事情をお話していきます!

ボランティア活動が卒業に必要な単位とは...

 

私が留学していたバンクーバーのあるカナダ、ブリティッシュコロンビア州では、Work Experience という科目でボランティア活動が高校卒業するのに必須な科目がありました

科目と言っても決まった時間に授業を受けるというものではなく、高校卒業するまでに自分のペースで好きな時間に合計30時間以上のボランティア活動をしなければならないというものでした

ボランティア活動をした時間はボランティアアワーと呼ばれていて、卒業間近になるとボランティアアワーを稼がなきゃ!と焦ってる人を多く見かけます(笑)

 

どんなボランティアがあるの?

クリスマスツリーを売るボランティアにて

ボランティアといっても無償で働くのであれば基本、何でもボランティアになります

なので、みなさんがよくイメージする海岸や街でのゴミ拾いや老人ホームでのお手伝いなども入りますが、カフェで働いたり、学校の中でのお手伝い(集会時の椅子並べや学校行事の準備、片付けなど)もボランティア活動とみなされます

本当に多種多様です

科目名が Work Experience なだけあって、無償で行うアルバイトのような感じです
高校留学中はビザの関係上アルバイトができないので職業体験、アルバイト体験のような感覚で楽しかったです!

また、同じところで30時間ボランティアをしなければいけないわけでもなく、様々なボランティアをすることができます

私自身も留学中、色々なボランティアをしました

私が実際に行ったボランティア活動...

・学校の中でのお手伝い(イベントの準備や片付け、新入生オリエンテーションの手伝いなど)
・クリスマスツリー販売(冬で外で売っていたので寒かった...)
・マラソン大会の給水所(冬で走っている人に水を渡すのでこぼれた水が冷たくて寒い!!)
・カナダデイパレードのお手伝い(日本のお神輿をカナダのパレードで担ぐお手伝い!)
・スポーツジムの事務(会員のファイル整理や掃除)
                       などなど...

留学中は寮に入っている人は特に、学校以外のコミュニティが全くありません
単独で留学に来ている場合、学校の先生、カウンセラー、友達以外、知り合いがいないし作れないんです!!

なので、ボランティア活動を積極的にすることにより、新しい人に出会ったり、学校以外でのコミュニティを作ることができます!

私はカナダデイパレードでボランティアをした時からその団体の活動に定期的に参加していたので、プライベートでバーベキューをしたり、仲良くさせてもらっていました!

どうやってボランティアを見つけるの?

 

Internet Search Engine, Tablet, Samsung, Galaxy, Office

 

ボランティア活動をしなければいけない!
でもどうやってボランティアを見つけることができるのでしょうか?

 

ボランティアを探す方法は大きく分けて3つあります

1.学校の紹介
2.インターネットで検索
3.街中にあるポスターをみる

1.学校の紹介

ボランティアを探す方法まず1つ目は、学校の紹介です

これが一番シンプルで簡単、安心な方法です!
学校の中のボランティアはもちろん、校外でのボランティアも紹介してくれます

私の学校では単発系のボランティアであれば、学校がバスや車で送り迎えをしてくれることもありました!

中・長期のボランティアでも学校が企業や団体に事前に許可を取っているところを紹介してくれるので安心です!

2.インターネットで検索

2つ目の方法はインターネットを使って、募集しているボランティアを探す方法です

直接、気になっている団体や企業のページを覗き、ボランティアの募集をしているか見たり、地域によっては求人サイトのようにボランティア募集サイトもあるのでその中から興味のあるボランティアを見つけることができます

3.街中にあるポスターをみる

3つ目の方法は街中にあるボランティア募集のポスターをみて応募する方法です
地域のカフェなどの掲示板に様々なポスターがたくさん貼ってあるのでそこから探します

ボランティアとは関係のない掲示物もあるので見つけようと思った時になかなか見つからないのが難点です

ちなみに私が参加したパレードのボランティアはレストランに貼ってあったポスターをみて応募しました!

やりたいボランティアが見つかったら

ボランティアを探し、やりたいものが見つかったらその団体にメールで連絡をします
(学校内や、学校が紹介してくれる単発のボランティアの場合は学校の指示に従って参加します)

その後、アポイントメントを取り、実際に代表やマネージャーに会います

中長期でボランティアをする場合、特にお店などで無償で働く場合のボランティアでは履歴書を持っていき、面接を受ける場合もあります

私の場合、スポーツジムでボランティアをした際、履歴書(resume) 持参で面接を受けました

学校の紹介でない、校外で自分で見つけたボランティアは、メールをした段階で募集を終了していたり、条件が合わなかったりと、アルバイトを探すのと同じ感覚で結構大変です(笑)

スポーツジムのボランティアでお世話になったマネージャーさんと

まとめ

いかがでしたか?

自らボランティアを探すのは結構大変で、活動内容もカフェやスポーツジムの場合アルバイトとほぼ変わりません。
お金がもらえないアルバイトみたいなものです(笑)

ですが、大変な反面、学校とは違う新しいコミュニティができたり、現地で働く練習のような経験をすることができます

職業体験系でなくてももっと一般的なボランティア、社会奉仕をしてボランティアアワーを稼ぐこともできます!

どちらも誰かの助けになったり、自分のスキルアップになったりと実践的な学習ができてとてもよかったです!

私自身もボランティアで色々な人と繋がったり、色々な貴重な経験ができて楽しかったです!
実際、卒業時には30時間は余裕で超えていました(笑)

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます!
本サイト、ハイスクール留学白書では他にも高校留学に関する記事がたくさんありますのでぜひみてみてくださいね^^

質問や、気になることがありましたらコメント欄にコメントくださいね!

Instagram、Twitterもやっているのでぜひフォローお願いします!!
→ ryugaku_hakusho

コメント

タイトルとURLをコピーしました