【大学留学】留学費用が安い!コミュニティカレッジ留学とは?

スポンサーリンク
mio
mio

ハイスクール留学白書、編集者 mio
大阪 公立中学 卒業
カナダ バンクーバー ボドウェルハイスクール 卒業
バンクーバー ランガラカレッジ(2年制大学)卒業
現在、大学の3年次編入試験に向けて、勉強中です!
4年半の留学経験をもとに、留学について、役に立つ情報を発信しています

mioをフォローする
大学留学

【大学留学】費用が安い!コミュニティカレッジ留学とは?

こんにちは!ハイスクール留学白書、編集者の mio です

今回は、アメリカ、カナダに多いコミュニティカレッジについて紹介していきたいと思います!

コミュニティカレッジは、「海外の大学に進学したい!」でも、「留学費用はできるだけ抑えたい!」という方に、すごくおすすめです。

バンクーバーにあるコミカレを卒業した私が、コミカレへの進学方法や卒業後の進路などを紹介していきたいと思います!

↓こちらの記事で、海外大学の基本的な情報についてまとめているので、海外大学についてあまり知らないという方は、まずはこちらをお読みください!

大学留学したい方に絶対に見て欲しい!!大学留学に必要な情報 総集編!
今回は、大学留学をしたい方には絶対に見て欲しい情報を紹介していきたいと思います! 大学留学に関してのリアルな情報は本当に手に入れにくい!!実際、情報不足で、路頭にまよっている人はたくさん。。バンクーバーのカレッジを卒業した私が、大学留学においてのアドバイスやリアルな情報をお伝えしたいと思います!大学留学に興味がある人にはぜひ読んで欲しい内容ばかりなので、是非ご覧下さい!

コミュニティカレッジってなに?

国によって違ったりもするのですが、一般的には、「University」は、4年制大学「College」2年制大学、という風に区別されています。

日本に、Collegeと同じニュアンスのものはないので、短期大学のようなものとらわれがちですが、Collegeは4年生大学の最初の2年間が独立したようなものです

Collegeの中でも、コミュニティカレッジとは、もともと地域の人のため教育機関なので、4年制大学に比べて、学費がお手頃です。

最近は、留学生を受け入れているカレッジが多く、留学生受け入れの体制が整っており、語学プログラムも併設しているカレッジも多いので、語学力が心配という人も、安心して通うことができます!

mio
mio

私の学校も、半分以上は、留学生だったよ!

コミカレのメリット、デメリット

コミカレのメリット①:4年制大学に通うより留学費用が抑えられる

カナダの4年制大学の場合、学費がカナダ人と外国人留学生で分かれており、人気大学に行くとなると、カナダ人だと年5500カナダドル(約43万円)に対し、外国人だと、年51000カナダドル(約445万円)と、約10倍ほど変わります!!

※田舎の大学や、人気がそこまでの大学に行くと、学費は安くはなります!

Collegeでも、同様にカナダ人と外国人留学生で学費は分かれているのですが、外国人留学生は、年25000カナダドル(約218万円)と、Universityにそのまま行くより、半分ほど学費を節約することができます!

コミカレのメリット②:クラスの人数が少ない

カレッジでは、1クラスの人数が20~40人程度と少ないので、わからないことがあっても教授に聞きやすく、顔も覚えてもらえやすいです。

4年制大学の場合、1年生〜2年制の授業は、1クラス、100~200人程度になるので、質問もしにくいですし、生徒がついて行けなくても、教授は何もしてくれません。

なので、4年制大学に入学できたとしても、宿題や課題ができず、落第してしまい、中退する学生も珍しくないです。

なので、授業の受け方、宿題のやり方、論文の書き方などの基礎をカレッジで身につけてから編入する留学生が多いです!

コミカレのメリット③:卒業後の進路が柔軟

カレッジに進学すると、4年制大学に編入、現地で就職、日本に帰って就職など、様々な選択をすることができます!

カナダでは、8ヶ月以上フルタイムでの就学で、『PGWP』という就労ビザの取得が可能になります!
なので、カナダで就職先を見つければ、永住権も取りやすくなり、カナダに住みやすくなります。

ですが、選択肢が多いからこそ悩んでしまうという人も多いです。

コミカレのデメリット①:履修が大変

カレッジに進学すると、個人的に1番大変だったのが、履修です!

大学では、シラバスから取得する単位を選ぶことができますが、カレッジでは、どの資格を取るのか、どの大学に編入したいのかによって、履修しないといけない単位が大きく変わってきます!

また、ほとんどのカレッジでは生徒数が多いので、専属のカウンセラーもいないため、ほとんどの作業は人に聞いたり、自分で調べてやらなければいけません。

私の場合、入学時にまだ進路が決まっておらず、カナダの大学に編入する場合、編入したい大学の必須条件、日本の大学に編入する場合、準学士の取得条件をどちらも満たすように履修しないといけなかったので、大変でした。。

2年次以降の科目の多くは、事前に特定の科目の履修やテストを取得しとければいけなかったので、カレッジに進学する場合、入学時点で履修プランをある程度決めておくことがおすすめです!

 コミカレのデメリット②:施設・設備が劣っている

4年制大学に比べて、学費が半分以上安いこともあり、設備は劣っています。

ほとんどの大学は、クラブ活動に力を入れていて、屋外トラック、室内トラック、野球場、サッカー場、アメフト場など、素晴らしい設備が整っていますが、コミカレの場合、クラブ活動も少ないですし、体育館以外の設備はなかったです。

また、留学生には重要な寮も、コミカレの場合はないので、自分で住む場所を確保する必要があります。

コミカレに進学する場合どうすれば良いの?

コミカレに入学するには、基本的にカレッジ側が提示している条件を満たせば、直接の入学が可能になります!

留学生は、IELTS Overall 6.0 ~ 6.5、TOEFL 80以上を基準としている大学が多いです。

この基準点を満たしていれば、大学の授業や宿題も問題なくこなせると思うので、もし大学で基準点が設けられていない場合でも、この点数に近い点数を取れるよう入学前に勉強しておくことが良いと思います!

この基準点は、留学経験がある又は英語が得意でないと中々超えることができないスコアなので、基準点を満たしていない方は、以下の方法で進学することをおすすめします!

カレッジ内にある語学プログラムから進学

私の学校で1番多かったパターンがカレッジに併設してある語学プログラムから入学するという方法です。

留学生の受け入れが多いカレッジでは、ほとんどの場合、学校に併設してある留学生向けの語学プログラムがあります。

語学プログラムを修了することで、現地の人も参加する本科プログラムに入学することができます!

ですが、学校によっては、レベル分けが細かく、本科プログラムに入るまでに時間がかかってしまう場合もあるので、レベル分け制度や合格基準などを企画しておくようにしましょう!

また、短期留学向けの語学学校に比べて、カレッジに併設している語学プログラムは、自分と同じ状況の人が多いので、友達も格段に作りやすいです!

mio
mio

こんな人におすすめ!
ー進学したいカレッジが決まっている方
ー進学するカレッジ内で友達を作りたい方
ーTOEFLやIELTSを受けたくない方

カレッジと連携している語学学校から進学

次に多いのが、カレッジと連携している語学学校から進学するという方法です。

語学学校にも、レベルがあって、その一定の基準を超えることができれば、カレッジに進学することができます!

語学学校によって、連携しているカレッジや難易度が違ったりもするので、受講する前にしっかりと比較することがお勧めです!

mio
mio

こんな人におすすめ!
ー行きたいカレッジが決まっていない方
ー現地にある程度慣れてから、大学に進学するか決めたい方

IELTS 又は TOEFLスコアを取得してから進学

先ほども言ったように、一定のスコアを取得することができれば、本科プログラムに直接入学することが可能です!

本人の努力次第では、1番早い進学方法だと思います。ですが、英語力が不十分なまま入学してしまうと後から大変になるので、英語力がある方におすすめです!

TOEFL / IELTS 対策をしている語学学校はたくさんあるので、幅広い選択肢ができると思います!

また、日本にいながらも対策ができるので、今日本の高校/大学に在学しているという方にもお勧めです!

mio
mio

こんな人におすすめ!
ーある程度英語力がある方、留学経験がある方
ーできるだけ早くカレッジに入学したいという方
ー日本で大学準備をしたいという方

 
 

コミカレを卒業した後は?

4年制大学に編入する

コミカレを卒業した後、ほとんどの人が4年制大学の編入を目指します。

4年制大学に編入する場合、2年次編入か3年次編入があるので、カレッジでできるだけ編入後の大学でも移行しやすい科目を選び、編入することが多いです。

編入への必須単位も決まっているので、できるだけ入る前から、調べておいて、履修をスムーズにできるようにしましょう!

また、多くは無いのですが、日本の4年制大学に編入することも可能です。
ただ日本の4年制大学に進学する場合、準学士が必須になるので、そこは注意が必要です!

大学編入には、カレッジの成績(GPA)が重視されるので、カレッジでしっかりと勉強しておくことにしましょう!

PGWP(ポスグラ)を利用して現地就職する

カナダで8ヶ月以上フルタイムでの就学、公立又は政府指定私立の大学、大学院、カレッジを卒業することによって、『PGWP』という就労ビザの取得が可能になります。

最長3年間で、プログラムと同じ期間の就労ビザを取得することができるので、仕事先を見つければ、永住権を取得できる可能性も高いです!

また、永住権を取得すると、現地学生として見なされるため、学費が安くなるなど、カナダ人と同じ優遇を受けることができます。中には、永住権を取ってから、4年制大学の進学を目指す人もいました!

まとめ

今回は、コミュニティカレッジについて紹介しました!

外国の教育システムは、日本と違うところも多く、わからないことも戸惑ってしまう方も多いと思います!

エージェントに話を聞きたいという人は、下のリンクから、無料のカウンセリングだけでも受けてみてください!

手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】   

留学に関して、質問や気になることがありましたらコメントか、DMでなんでも相談お待ちしております^^

是非、ハイスクール留学白書のソーシャルメディア ( Instagram, Twitter, Facebook )のフォローもお願いします!!
→ ryugaku_hakusho

本サイト、ハイスクール留学白書では他にも留学に関する記事がたくさんありますのでぜひ覗いてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました