【体験談】高校留学初日ってどんな感じ?カナダの高校に留学した日の話

スポンサーリンク
Kitty

こんにちは!
ハイスクール留学白書、編集者の Kitty です!
高校2年生からカナダの高校に留学し、卒業。
その後日本の私立大学に進学、現在大学3年生として在学しています。
高校留学の経験をもとに高校留学を検討している人への役立つ情報を発信しています!

Kittyをフォローする
大学留学

【体験談】高校留学初日ってどんな感じ?

こんにちは!
ハイスクール留学白書、編集者の Kitty です!

初めて留学に行くみなさん、留学前は緊張しますよね?

私もドキドキでした!

留学は私の人生の大きなターニングポイントでもあり、そんな留学の初日は私の冒険の始まりでした!

なので留学初日のことは今でもよく覚えています

今回は、そんな高校留学初日のお話をしていきたいと思います!

出発前

Still, Items, Things, Passes, Boarding, Plane, Tickets

私はエージェントを通して留学準備を進めていました

そして、その留学エージェントからちょうど同じ入学時期に日本からあと2人同じ学校に入学すると聞き、その2人のメールアドレスをもらって少し連絡を取っていました

なので出発前に同じ高校に行く日本人の同期2人とは何回かやり取りをして、出発当日も同じ飛行機だったので空港で会う約束をしてそこで初めて会いました

出発前は、私は当初、1年間日本には帰ってこない予定で行ったので家族に別れを告げ、大きなキャリーケースを2つ持ち、成田空港へ向かいました

JALのバンクーバーまでの直行便は成田空港発だったので成田空港へ行きました

1人で飛行機に乗るのは初めてですし、飛行機に乗る機会もそんなになかったので、緊張しましたが、出国ゲートに入ったところらへんで、他の同期2人と合流したので少し安心しました

とはいっても実際会うのは初めてだったので、○○さんですか?とぎこちない感じで始まって自己紹介。みたいな感じでした

飛行機の搭乗を3人で待っていた時に日本人のおじさんに絡まれたことを覚えています(笑)

そのおじさんは飛行機かヘリコプターかを操縦しに海外に行くんだ!みたいなことを話していたと思います(笑)

いよいよ出発!!

shallow focus photography of people inside of passenger plane

おじさんの話を聞かされていたらあっという間に搭乗の時間になりました
(ほんとは初めて会った2人とちゃんと話をしたかった笑)

一緒にチケットを取ったわけではないので機内ではみんなバラバラでした

私は飛行機がすごく苦手なので飛行機に乗るときは毎回命懸けです(笑)

命懸けで乗った飛行機もきちんと9時間もかからないくらいでバンクーバーに到着しました

私は前の年に1度学校の語学研修旅行でバンクーバーに行ったことがあったので、空港に到着してもあ、こないだのところだ!といった感じでした

飛行機を降りてから、また2人と合流をして、入国手続きに進みました

長期留学の為、普通の旅行者などのルートとはちょっと外れたところに行き、入国手続きをしました
(何をやったのかはあまりよく覚えていませんが、エージェントが事前に案内してくれた情報に沿って進みました)

なぜかすごい時間がかかったんですよね、入国審査で人が多く待っていて...

飛行機を降りてから荷物を取ってバンクーバー国際空港の到着出口に出るまで1時間くらいかかったかもしれません(笑)

バンクーバー到着!!寮に向かう!

people walking on a train station

到着出口を出たら、エージェントに用意してもらったピックアップの車の人が待っていました

カナダ人のおばさんと、英語がバリバリにできそうな見た目の日本人の女の子が待っていて、車に案内してくれました

英語がバリバリにできそうな見た目の日本人はハイスクール留学白書、編集者の mio です(笑)
この時初めて私たちは出会いました!

mio とは違うエージェントでしたが、同じ便に搭乗していたそうで、私は全然知らなかったのですが、mio は私たちのことを成田空港から見ていたそうです(笑)

mio いわく、同じ便で来たのに出てくるのが遅くて、ピックアップのおばさんと随分待ったそうです
(なんで私たちはこんなに手続きに時間がかかったのでしょうか...笑)

私と同じエージェントの2人と mio の4人で同じ車に乗って空港を後にしました

私を含める3人は学校の寮に滞在でしたが、同じエージェントの子1人がホームステイだったので、その子のホームステイ先まで行き、先に1人だけ降ろしてから寮に向かいました

寮に到着すると、当時学校が改装中だったので正面入り口が使えず、体育館から寮に入った記憶があります

その時点で既に日本人の同期2人と一緒だったので少し心強かったです

手続き後...

入寮の手続きを簡単にし、自分の部屋に入りました

その時に初めて自分の部屋が何号室か、何人部屋かなどを知ることができました

私の最初のルームメイトは2人部屋で同い年の中国人の子でした

しかし、まだ春休み中だったので、ルームメイトは寮にはいませんでした
(新入生はオリエンテーションなどがあるので学期が始まるよりも早く寮に入ります)

初めて入る寮は部屋がたくさんで、廊下も似たようなレイアウトで迷路のようでした

一緒に車に乗ってきた他の二人とは部屋に入るときに別れたのでどこにいるかわかりませんでした

そのうえ、Wi-Fiのパスワードもわからなかったのでスマホをインターネットに接続することもできず、部屋で1人じっとしていました

その時は結構不安でした

ルームメイトもいないし、まだ春休み中の寮は人が全然いなくて、一回部屋を出てしまうと迷路のようで自分の部屋が見つからなかったらどうしようと不安で部屋から出れず...

スマホも使えず...

荷解きをし、飛行機に乗ってきたので疲労と時差ボケでとりあえず少し寝ることにしました

夕方になり、どうしようか迷って廊下に出たところ、ちょうど学校の日本人カウンセラーの方と他の日本人新入生の子を見かけたのでホッとし、Wi-Fiを繋ぐことができ、夜にカフェテリアでスナックなどが出るというのでカフェテリアに降りました

カフェテリアに行くと、同じ車できた mio と他数人の日本人がいたのでそこで日本人新入生や、元からいた日本人の学生と知り合うことができました

私の高校は私立のインターナショナルスクールだったので、日本人学生やカウンセラーもいたので、学校のことや、バンクーバーのことなどを紹介してくれる日本人が周りにいて心強かったです

翌日は日本人の先輩がバンクーバーのダウンタウンを紹介してくれるということで、他の新入生と一緒に出掛けました

学校が始まるまでにも寮でアクティビティがあり、色々な所にバスで連れて行ってもらい、そこでも友達が増えました

そんなこんなですぐに新入生オリエンテーションや新学期を迎え、留学生活がスタートしました

入学式

日本の学校は中学でも高校でも大学でも入学式ってきちんとやりますよね?

しかし、海外の学校では入学式というようなセレモニーはあまり行わないのが主流です
(卒業式は盛大に行いますが...)

なので、普通の始業式で学校がスタートしました

始業式前には新入生オリエンテーションがありますが、私の学校では校則の説明をサラッとされて、校舎案内、それから英語のレベル分けテストが行われました

ここでの英語のレベル分けテストで、ESLのどのレベルからのスタートかが決まります

ほとんどがカナダ以外の国から来た留学生なので、一人で来ている人が大半ですが、新入生オリエンテーション時にはカナダまで見送りに来た親が少しいて、説明会に参加している人もいました

まとめ

今回は私がカナダの高校に入学した時のお話をしました

留学前は楽しみと緊張でドキドキでしたが、同じエージェントから行く日本人の子と一緒だったということもあり、行ってしまえば割と平気でした!(笑)

ただ、寮に着いた日にWi-Fiも使えず、寮が迷路のようでどうすればいいのかわからなかった時が一番不安でした…

みなさんも留学に行った際は、まずWi-Fiを接続し、スマホを使えるようにしておきましょう!

寮ではアクティビティなどで友達を作りやすいので選択できる場合は最初はホームステイではなく、寮に滞在することをお勧めします!

寮かホームステイかで悩んでいる方はこちらの記事を参考にしてみてください!
↓↓↓

最後まで読んでくださりありがとうございます!

本サイト、ハイスクール留学白書では他にも高校留学に関する記事がたくさんありますのでぜひみてくださいね^^

Instagram、Twitter もやっているのでフォローお待ちしております!
→ ryugaku_hakusho

コメント

タイトルとURLをコピーしました