15歳だった私が高校留学を決めた経緯

スポンサーリンク
mio
mio

ハイスクール留学白書、編集者 mio
大阪 公立中学 卒業
カナダ バンクーバー ボドウェルハイスクール 卒業
バンクーバー ランガラカレッジ(2年制大学)卒業
現在、大学の3年次編入試験に向けて、勉強中です!
4年半の留学経験をもとに、留学について、役に立つ情報を発信しています

mioをフォローする
高校留学

 

15歳だった私が高校留学を決めた経緯

こんにちは!
ハイスクール留学白書、編集者の mio です

前回から2回にわたって、私たちがそれぞれ高校留学に行くに至ったきっかけ、経緯を紹介していきます!

↓まだ Kittyの高校留学を決めたきっかけをご覧になられてない方は、こちらから是非ご覧ください!

ごく普通の女子高生が高2から高校留学に行った話
今回は、高校1年生まで日本の高校に普通に通っていた私が、高2から高校留学に行き、海外の高校を卒業した経緯、留学するきっかけなどをお話していきます!留学に無縁だった一人の高校生が海外留学をするまでに至ったノンフィクションの物語をお楽しみください!

第2回目の今回は、中学時代部活漬けだった私、mio が、高校留学を決めた経緯、留学するきっかけなどをお話していきます!

部活三昧の中学生活

私は、地元の公立中学に通う普通のバレーボール部の中学生でした

中学生の時は、毎日バレーボールの練習や試合で、休みがあるのは月に2回あれば良いと言ったところ。。。なので、毎日を生きるのに精一杯!
練習終わりに帰っては、お風呂も入らずに、寝たりなどを繰り返していました(笑)

バレーボールがそこまで好きではなかった私は、理不尽に怒られてばかりの部活がいやでいやで、毎日部活がなくならないかと願っていました
(嫌なことがあると、近くの神社に良いことがないかお願いしていたほど!)

今になって振り返ると、そんなに嫌なのに何でバレーボールを続けていたのか、本当にわかりません(笑)

ですが、留学先のバレーボール部で活躍することができ、友達もできるきっかけにもなったので、今になってはすごく感謝しています

毎日嫌で仕方なかったバレーボールも、引退試合を迎え、やっと終わることができました!!!

進路のことを考えなければならない

部活を引退した後、ついに進路を考えなければならないとなった時、周りは志望校が決まっていく中、私には行きたい高校が1つもありませんでした

というのも、それまでの私は、ただ与えられた道をたどっていくだけで、私が自らした選択肢はありませんでした
友達に誘われてバレーボールをなんとなく始め、親から勧められた習い事を始め、友達が行ってるから一緒に塾に行くなどなど。

夏休みの宿題に、先生から高校のオープンキャンパスに3個以上は行くようにと言われて、行きたい高校もなかったのですが、友達といくつかの高校のオープンキャンパスに行きました

が、どこの高校のオープンキャンパスに行っても魅力を感じられない

正直、年齢が上というだけで、中学と同じようにしか見えなかったんです。

行きたい高校がないので、入試の勉強へのモチベーションも全く上がらず、ずっと悩んでいました

趣味の映画鑑賞

私の母は、海外映画や海外ドラマが大好きなので、母がTSUTAYAに行く時に、私もついていって、行く度、いろいろな海外映画や海外ドラマを見ていました

その中で、私の運命を特に変えたのが、「ハイスクールミュージカル」と「トワイライト」!!!

そこで、「海外の高校はどのようなものか」というのを知ったんです
そして、思ったのが、めちゃくちゃ楽しそう!

ハイスクールミュージカルの歌はヘビロテして歌いまくってましたし、何よりTroy(ザック・エフロン)がかっこいい!
トワイライトでは海外の高校生はこんな大人な恋愛がしているんだと衝撃を受けました

海外高校に憧れはあったのですが、私の脳内には「海外の高校に入学する」という選択肢は全くありませんでした

母に相談

ある日、お母さんに行きたい高校がなくて、入試勉強のモチベーションも上がらないと相談していました

すると、お母さんが「じゃあ、海外の高校行ったらどう?」と言ってくれ、私はそれまで想像もしていなかったのですが、すごく良い!行きたい!と思い、入学するとしたらどんな高校があるのかすぐ調べました

高校生だし、やっぱり治安が安全なところが良いと思い、カナダの高校に決め、バンクーバーの高校で寮もあり、校舎も綺麗で、留学生も多く、現地サポートもある学校があるなんて完璧やん!と2人で賛同し、私が行っていたバンクーバーの高校に決めました!

まさかこんな大事な選択が1日で決まるかとは思いませんでしたが、この選択肢をしてよかったなと心から思います!!

周りの反応

母と学校を決めた後、父と高校留学についてどう思うか、相談しました

15歳で単身留学ということで少しは止められるかなと思ったのですが、すんなりオッケー!

両親は私が生まれる前に、アメリカのジョージア州にあるアトランタと言う都市に3年間住んでいたこともあって、留学についてすごく前向きでした

そして、担任の先生や、親しい友達に海外の高校に入学することを話しました。

すごく驚かれましたが、みんな応援してくれて、カナダに行く前にアルバムをくれたり、プレゼントをくれたりする友達もいて、すごく嬉しかったです

旅立ち

月日も流れ、中学を卒業し、いよいよ海外に飛び立つ時!

私は、海外旅行もろくに行ったことがなく、英語も全然喋れなかったのですが、なぜか不安も怖さも一切ありませんでした

むしろ、ただただ想像すらできない未来がすごく楽しみでした!!

まとめ

みなさん、どうでしたかでしょうか?

留学の理由も動機も人それぞれ!

ですが、私のような海外もろくに行ったことがなく、英語も全く喋れなくても、「留学」という選択肢はできるのです!

留学に行くかの選択肢にはたくさんの迷いや躊躇があると思います。ですが、留学に行く上で重要なのは、英語力でも頭の良さでもなく、一歩踏み出す勇気!

たくさんの留学している人と知り合って、皆共通して言えることは、留学を後悔をしたという人は本当にいません

私も心の底から留学して良かったなと言えます!

私は、留学してから、たくさんの国の人と知り合い、たくさんのことを知り、考え方も生き方も180度変わりました

少しでも留学したい!と思う方は、思い切って海外に飛び込んでみてください!

最後まで読んでくださりありがとうございます!

高校留学に関して、質問や気になることがありましたらコメントか、DMでなんでも相談お待ちしております^^

留学に興味を持っていただけたら、ぜひカナダジャーナルにご相談ください!
日本人スタッフが留学サポートをしてくださいます!
無料相談をしているので自分にどんな留学が合っているのか、ご相談だけでもぜひご利用ください^^
↓↓↓

日本人スタッフがきめ細かいサポートをいたします、安心な留学をするなら【カナダジャーナル】

本サイト、ハイスクール留学では他にも高校留学に関する記事がたくさんありますのでぜひみてくださいね^^

Instagram、Twitter、Facebook もやっているのでフォローお待ちしております!
→ ryugaku_hakusho

コメント

タイトルとURLをコピーしました