留学しながらアルバイト!カナダ留学生のアルバイト事情

スポンサーリンク
mio
mio

ハイスクール留学白書、編集者 mio
大阪 公立中学 卒業
カナダ バンクーバー ボドウェルハイスクール 卒業
バンクーバー ランガラカレッジ(2年制大学)卒業
現在、大学の3年次編入試験に向けて、勉強中です!
4年半の留学経験をもとに、留学について、役に立つ情報を発信しています

mioをフォローする
大学留学

海外のアルバイト事情

こんにちは!

ハイスクール留学白書、編集者の mio です

今回は、『カナダ留学生のアルバイト事情』を紹介していきたいと思います!

海外でアルバイトをするのは、英語力を上げるにはもちろん、新しい出会いがあったりと、すごくおすすめです!

私は、バンクーバーのカレッジ在学中に、ラーメン屋さんで1年、鉄板焼き屋さんで2週間(コロナの影響で営業停止に。)働いていました!

どうやってアルバイトを探せばいいのか、アルバイトに向けて何を用意すればいいのか、おすすめの職種などなど、私の留学経験を交えて紹介していきたいと思います!

まず、留学生は海外でアルバイトができるの?

留学生は、留学した国やビザの種類によって、アルバイトができるかできないのかが決まります!
アルバイトが許可されていても、制限があったりと、注意が必要です!

カナダに留学する場合、高校留学や語学留学(観光ビザ、学生ビザ関係なく)ではアルバイトをすることができません。ですが、ボランティアはすることができるので、アルバイトをしたいけどできない人は、ボランティアをするのをおすすめします!

専門学校や大学に行く場合、指定教育機関 (DLI) の学校で、フルタイムの学生であれば、学期中は週20時間まで、長期休み期間中は週40時間までアルバイトをすることができます!
また、専門学校のプログラム内で、インターン制度がある場合は、インターンとしても働くことができます!

アルバイトの種類

学生ビザで、アルバイトが許可されている場合、就労可能なアルバイトは主にOn-Campus と Off-Campusの2種類に分かれます!

On-Campus は、大学やカレッジ内でアルバイトをすることを指します
学校内のカフェテリアやブックストア、チューター(家庭教師)、事務所など、簡単な作業です!学校内で募集されていて、

Off-Campus は、学校の外でアルバイトをすることを指します
様々なジャンルのアルバイトを経験でき、新しい経験や新しい出会いがあるのが、魅力的です!ですが、Off-CampusはOn-Campusより厳しく、様々な条件があります!

Off-Campusで働く上での条件
ー有効なビザを取得しているか
ーフルタイムの学生であること
ーカナダ政府の指定教育機関に在学していること
などなど。

自分が就業できるかできないかわからない人は、ビザに書いているので、確認してみて下さい!

アルバイトはどうやって探せばいいの?

海外でアルバイトを探すには、ローカルの求人サイトや、飛び込みで応募、紹介など、様々な方法があり、英語力や探している職種によって、大きく変わってきます!

ですが、日本人留学生の方には、日系の求人サイトがおすすめです!

なぜかというと、日系の求人サイトには、掲載されているほとんどの求人が日系の会社ばかりで、日本人留学生を求めている会社なので採用されやすいからです!

というのも、現地の会社で働くとなると、高い英語力が必要になり、海外経験が浅いと、採用ですら難しかったりもします!

日系の会社となると、スタッフ、お客さんも日本人が多いので、英語力が低くても、安心して働くことができます!

日系の求人サイトに掲載されている求人は、主に、日本食レストラン(ホール、キッチン)、お手伝いさん、留学エージェント、ファームなどなど。

現地に慣れてきてから、ローカルの求人サイトや飛び込みで応募、紹介などでアルバイト先を見つけるすると、より英語が身につく環境で、英語力を伸ばすことができます!

アルバイトを申し込むには、何が必要?

アルバイトを申請するには、英語での履歴書SINナンバーが必要になります!

外国の履歴書は、日本のように手書きではなく、パソコンで作って印刷して持っていくというのが普通です!

海外独自の履歴書の書き方があるので、履歴書の書き方やテンプレートを調べてから、用意する必要があります!

  • SINナンバーとは?

SINナンバー(Social Insurance Number)は、社会保障番号という意味で、この番号で、給料を受け取れたり、所得税の処理をすることができます!

現地で働く時には、必須になる番号なので、面接をする前に聞かれる場合が多く、面接前には絶対取る必要があります!

コロナ前は、政府機関のService Canadaでの取得が必要だったのですが、コロナの影響で、施設が使えないため、現在では、インターネット上で簡単に取得できるそうなので、学生ビザ、ワーホリビザを持っている方は、取得しておくようにしましょう!

おすすめの職種

おすすめの職種は、チップがもらえるアルバイトです!

チップがもらえるアルバイトは、レストランやバーなどの飲食店、ホテルのベッドメイキングや、ウーバードライバーなど!

日本にはチップ制度がないので、海外に来た時に、戸惑う人も多いと思うのですが、働く側となると、時給とは別に、チップ代をもらえることになるので、すごくありがたいです!

飲食店では特にチップがもらいやすく、客単価によって、もらえるチップも大きく変わります!人気店となると、チップだけで一日200ドルもらえたりと、チップだけでも相当な収入になります!

また、バーなどのお酒が多く出るレストランだと自然に客単価が高くなるので、チップも高くなりやすいです!

ですが、チップが多くもらえる高級料理店などとなると、それなりの経歴と高い英語力が必要になるので、英語力が低かったり、海外経験がない場合は、日系レストランなどに行ってから、現地のレストランに転職するのがおすすめです!

私は、最初日本系ラーメン屋さんで働いていたのですが、働き始めた最初はオープンしたばかりということもあり、人気もあって、チップも1日100ドルぐらいもらえる日もあったりしたのですが、客足が伸び悩むに連れて、チップも減っていき、1日10ドルぐらいになりました。

次に、私が働いていた鉄板焼き屋さんでは、客単価が50ドルほどの高級料理店ということもあり、一日200ドルは普通でした!コロナのせいで、お店が休業してしまって、2週間しか働けなかったのですが。。(泣)(もっと働きかった)

日本のアルバイトとは違い、選ぶお店によって、もらえるお給料は全然違います!
なので、アルバイト選びは慎重にしてください!

まとめ

 ということで、今回は、カナダ留学生のアルバイト事情を紹介していきました!

どうだったでしょうか?

チップ制度があると、より良いサービスをしようと向上心にも繋がりますし、働く側にとってはとても良いです!日本にも導入して欲しい!

ですが、実際、学校生活とアルバイトの両立はすごく難しいもの。。

私の学校の周りでもアルバイトをしている人は少なく、現地の高校を卒業した自分でも、勉強量が必要な大学とのアルバイトの両立が難しく、週2ほどしかシフトに入れませんでした。。

留学生は、学業を優先するべきなので、学校生活にある程度余裕ができてから、アルバイトを始めるようにして下さい!

最後まで読んでくださりありがとうございます!

留学に関して、質問や気になることがありましたらコメントか、DMでなんでも相談お待ちしております^^

Instagram、Twitter 、Facebookもありますのでぜひフォローお待ちしております!
ryugaku_hakusho

本サイト、ハイスクール留学白書では他にも高校留学に関する記事がたくさんありますのでぜひみてくださいね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました