バンクーバー在住歴4年半が語る!バンクーバーの治安は実際どうなの?

スポンサーリンク
mio
mio

ハイスクール留学白書、編集者 mio
大阪 公立中学 卒業
カナダ バンクーバー ボドウェルハイスクール 卒業
バンクーバー ランガラカレッジ(2年制大学)卒業
現在、大学の3年次編入試験に向けて、勉強中です!
4年半の留学経験をもとに、留学について、役に立つ情報を発信しています

mioをフォローする
バンクーバーについて

バンクーバーの治安はどう?

こんにちは!

ハイスクール留学白書、編集者の mio です

今回は、『バンクーバーの治安』について紹介していきたいと思います!

治安が良いことで有名なバンクーバー。

これから、バンクーバーに留学、旅行を予定されている方は、バンクーバーの治安がどうなのか、気になる方も多いのではないでしょうか?

正直、住んでみないと、分からないことも多いです。

今回は、バンクーバーの治安がどうなのか、バンクーバーの危険な場所、気をつけた方がいいことを紹介していきたいと思います!

バンクーバーの治安は、悪い?

結論、他の国々に比べると、バンクーバーの治安は良いです!

ですが、日本までは良くないので、あくまで『海外の中では安全』ということを覚えておいてください!

バンクーバーは、「危険な場所」「危険ではない場所」が分かりやすく分類されていて、他の都市に比べると、危険な場所は少ないという都市です。
なので、危険な場所を理解しておくことは、バンクーバーに行く上で、すごく重要です!

バンクーバーは、家賃がすごく高い分、ホームレスが多いです。
なので、特にダウンタウンには、ホームレスが店の前で横たわっていたり、見えない何かに喋っている人がいたり、叫んでいる人がいたりするのを見るのは、普通です。

ですが、目を合わせず、距離を話していれば、無害なので、心配しなくても大丈夫です!

危険なエリア

行ってはいけない場所 No.1!チャイナタウン(へースティング通り)

「チャイナタウン」と聞くと、飲茶を食べ歩きなどができる中華街を思い浮かべる方も多いのではと思います

ですが、バンクーバーのチャイナタウンは、そんなイメージとは『真逆』の、ホームレスや薬物中毒者の溜まり場になっている、遊び心で行ってはものすごく危険なバンクーバー1治安の悪いエリアです!

雰囲気もどんよりしていますし、普通に注射器が落ちていたり、建物も廃墟ばかり、本当に怖いです(笑)

特に、へースティング通りには、中心街とは比べものにならないほど、ホームレスがたくさんいて、私の周りでは、ホームレスがゾンビのようなので『バイオハザード』とも呼んでいます(笑)

また、へースティング通りを通るバスは、ホームレスの出入りも激しく、絡まれる危険性が高いので、注意してください。(へースティング通りを通るバスの8番、フレーザーは、クレージー8と呼ばれています。)

私も、知らずに何回か利用したことがあるのですが、バスから見る景色にこれは本当なのか?と目を疑いました。

夜は危険!グランビル通り

バンクーバーの1つのメインストリートとも言えるグランビル通りなのですが、バーやパブ、ナイトクラブが多いため、日中より夜の方が賑わっています。

日中は、お店や人通りも多く、危険ではないのですが、夜になると、ホームレスや酔っ払いもたくさんいるので、パトカーや警察が来るのも日常茶飯事!(笑)

特に女性の方は、1人で歩くときは、気をつけたほうが良いです!

ですが、友達と飲みに行ったり、夜遊びをしたいときは、おすすめですよ!

奥には行ってはいけない!ギャスタウン

蒸気時計やお土産屋さん、中心街とは一風変わったヨーロッパ式の建物があり、観光名所としても有名なギャスタウン。

人通りも多いのですが、知らずに奥の方まで行ってしまうと、非常に危険です

1つ道を外れるだけで、お店も少なく、ホームレスだらけなので、奥まで行ってしまわないよう注意が必要です!

また、暗くなってからは街灯も少なく、危険なので、できるだけ日中に行くようにしてください!

気をつけるべきこと

危険な場所は極力避け、絶対に1人で行かないこと

上でも紹介している危険な場所や裏道は、極力避けて、もし行かなければいけない用事がある場合は、友達と一緒に行くなど、1人で行かないようにしましょう

また、特に夜は、公園や裏道などは、街灯や人通りも少なく、危険です。

トラブルに巻き込まれないためにも、できるだけ、人通りの多い大通りを歩くようにしましょう!

バスや電車の中で貴重品は大切に持ち歩くこと

スリや窃盗の被害に遭わないために、貴重品は大切に管理するようにしましょう

特に、バスや電車などの交通機関を使うときは、なるべく居眠りをしないようにして、荷物を両手でしっかりと持つようにして下さい

4年間半住んでいた私でも、スリや窃盗の被害に会ったことは一度もないのですが、注意を逸らした隙に、取られてしまうということは、起こりかねません。

夜遅くのバス利用は避けて、タクシーを使うこと

バンクーバーには、ナイトバスという夜遅くにでも走っているバスがあります

ですが、利用者も少なく、バスの本数もすごく少ないので、家までの帰路が見つかったとしても、乗り換えの時間が長くなってしまったり、長い距離を歩かなければいけなかったりと、危険です。

ナイトバスでも家に帰れるという場合でも、タクシーを使うようにした方が、断然安心です!

海外では、UberというUber Eatsのタクシーサービスが普及していて、自分のいる場所と目的地を入力するだけで、迎えにきてくれるので、これから海外に行くという方は是非ダウンロードしてみて下さい!

ドラッグには、手を出さない

バンクーバーに留学する上で、一番気をつけて欲しいのは、『ドラッグに手を出さない』ということです

カナダは、大麻が合法ということもあり、ドラッグへの規制がとても緩いです

コカインや、マジックマッシュルーム、MDMAなどの危険な違法ドラッグでも、飲みに行ったり、パーティーに行くと、やっている人を目にしたり、誘われることもあるかもしれません。

ホームレスにになっている人のほとんども、薬物中毒が理由です

断わらないといけない状況では、きちんと断るようにしましょう!

まとめ

今回は、バンクーバーの治安について、紹介しました!

バンクーバーの治安は、ホームレスが多いというだけで、バンクーバーの人はみんな良い人ですし、すごく暮らしやすいです!

最後までご覧いただきありがとうございます!

留学に関して、質問や気になることがありましたらコメントか、DMでなんでも相談お待ちしております^^

是非、ハイスクール留学白書のソーシャルメディア ( Instagram, Twitter, Facebook )のフォローもお願いします!!
→ ryugaku_hakusho

本サイト、ハイスクール留学白書では他にも留学に関する記事がたくさんありますのでぜひ覗いてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました