豪邸なのにご飯がまずい。。ホームステイでの失敗談

スポンサーリンク
mio
mio

ハイスクール留学白書、編集者 mio
大阪 公立中学 卒業
カナダ バンクーバー ボドウェルハイスクール 卒業
バンクーバー ランガラカレッジ(2年制大学)卒業
現在、大学の3年次編入試験に向けて、勉強中です!
4年半の留学経験をもとに、留学について、役に立つ情報を発信しています

mioをフォローする
高校留学

ホームステイでの失敗談

こんにちは!

ハイスクール留学白書、編集者の mio です

今回は、私がホームステイ先で経験した失敗談を紹介していきたいと思います!

ホームステイ生活は、ホストファミリー先によって大きく変わってくるもの!

私は、高校留学の最初の1年半を寮で過ごし、後の1年はホームステイで生活していました!
1年間のホームステイ生活の間で、2組のホストファミリーにお世話になったのですが、最初のホストファミリーはすごく豪邸だったのですが、私に合わなかったんです。。

今回は、私はそのホームステイ先となぜ合わなかったのか、ホームステイを選ぶ上でのポイントを交えて、紹介していきたいと思います!

どうやってホームステイ先を探すの?

ホームステイ先の探し方は、学校によって大きく変わってくるのですが、高校留学でホームステイ先を探す場合、基本的に学校を通して申し込むか、エージェントを通じて申し込むかの2択になります

私の学校の場合、学校を通して、ホームステイ先を選ぶという形だったので、ホームステイアドバイザーという、ホームステイに関してなんでも相談することができる方が、常に学校にいました

アドバイザーさんが、私の性格や好み、希望の条件にできるだけ合うホームステイ先を複数選んでくれ、そこから選ぶという形でした!

基本的に日本人同士や友達同士で同じホームステイ先を選ぶことはできなかったのですが、友達や先輩に良いホームステイ先を聞いて、空室があれば、そこを案内してもらうと言うのも可能でした!
アドバイザーに聞くよりも、実際に住んだ人の方が、実態がわかるので、友達や先輩を通して、ホームステイ先を選ぶのはおすすめです!

私は、ホームステイ先を選ぶ時、周りにホームステイを経験している人があまりいなかったので、最初のホームステイは、アドバイザーさんと一緒に選決めました!

ハウスダストアレルギーなので、できるだけ綺麗な家に住みたいと希望したところ、アドバイザーさんが、新しくものすごい綺麗な豪邸のホームステイ先が来たよと教えてくれ、写真から一目惚れして、すぐにここに行かせてください!と頼みました(笑)

荷物を置きにいく!豪邸に感動。。

荷物を置きに行くために、家に行かせていただくと、外見からすごい!
周りから見ても、飛び抜けて綺麗で、早く中に入りたい!とウキウキでした!

中に入ると、広いし、綺麗だし、最高!!「早くこの家に住みたい!!!」と思いました

ホストファミリーは、優しそうなイラン人夫婦と、7歳と1歳の男の子!さらに、ワンちゃんもいて、子供好きと犬好きの私にはたまりませんでした!

同じ学校からもう1人、イラン人の女の子も同じホームステイ先に住んでいました

私の部屋は、地下だったのですが、部屋も綺麗で、寮にはなかった1人部屋!
ベッドや机はもちろん、ファイアープレースもあり、すごく気に入りました

住み始めると。。。

いよいよホームステイ生活!!!

私は外国人の家族と一緒に住むということで緊張はしましたが、豪邸ということだけでウキウキでした

どこのホームステイでも、その家独自のルールがあるのですが、ホームステイ先は家が厳しく、色々なルールがありました

例えば、22時以降は子供たちのスリーピングタイムなので、静かにしないといけなかったり、部屋を毎日綺麗にすることはもちろん、2週間に1回は水回りの掃除、部屋でのご飯は厳禁などなど。

他人の家に住まわせてもらう分、その家族の一員として、家族のルールにはきちんと従わなければいけません

住み始めてからは、1年半ぶりの1人部屋ということもあり、最高!

ですが、住み始めると、いくつかの問題に直面しました。。。

バスが30分に1本!家が遠い。

ホームステイ先は、山の上の方にあったので、学校からバスで1回乗り継ぎをして、合計50分と、ホームステイ先としては遠めのところでした

最初の1年間を寮(学校までは階段)で過ごしたので、朝6時15分に起きて、7時15分に出るという生活は、早起きを長らく経験してなかった私には、苦痛でした(笑)

また、休日には、よく友達とダウンタウンまで出かけていたのですが、少し遅くなってしまうと本当にバスがない!

タイミングを間違えると、バスを30分待たなければいけなかったりも。。なので、できるだけ早く帰るようにしていました!

交通事情を、調べることは本当に大切だなと実感しました!
(どのバスが使えるか、そのバスは1日に何本ぐらい走っているかなど。)
1つ言えるとしたら、学校近くにすることに越したことはありません!!

ベリーごはん。草ごはん。ご飯が合わない!

ホームステイ生活を始めて、1番困ったのがご飯。。

平日のランチは学校で出て、平日の夜ご飯と休日は、ホストマザーが作ってくれていたのですが、全く違う食文化ということもあり、ホームステイ先のご飯が私の舌に合わなかったんです。

クランベリーなどのベリーがたくさん入ったご飯や、謎の草(美味しくない)が入ったご飯、なぜか味がしないチーズリゾットなどなど。。

ですが、毎回、リビングで、ホストマザーの前で食べなければならず、「美味しい?大丈夫?」と毎回聞かれ、美味しいとは言いつつも、全部は食べれずに捨ててしまうのが、苦痛でしかありませんでした。。本当に申し訳ない!

最初は、気を遣って、「全部美味しい!」と言っていたのですが、私の苦手な料理がすごく出てくる週もあり、思い切って「これ、苦手なんだよね。」と伝えると、ホストマザーも「ごめんね!なんでもっと早く言ってくれなかったの!」と私の苦手な料理を全部メモって、これ以上出さないようにしてくれました

もしホームステイ先で苦手な料理がある場合は、素直にホストマザーに伝えるのがベストです!!

また、好き嫌いが激しい人は、アジア人のホストファミリーなどにすると、もちろんその家にはよりますが、食には困らない印象です!

ホストが究極の綺麗好き!部屋の汚さで揉める

先ほどお伝えしたように、ホストのルールで、トイレやお風呂の水回りの掃除は、2週間に1回、部屋に掃除機をかけるのは、週に1回という風に決められていました

というのも、ホストファザーは究極の綺麗好き!

私は、すごくめんどくさがり屋なのですが、2週間に1回の水回りの掃除と掃除機は欠かさずやっていました

ですが、数週間経ち、ミッドターム(中間テスト)ですごく忙しい時期に、私と私のハウスメイトの生理が被ってしまい、ゴミ箱がナプキンだらけになっていました。

私たちも、家に住み始めてから数週間経っていたので、ホストが地下まで降りてくるということは、滅多になかったので、油断していました

なので、中間テストでガレージに行くという一手間も惜しい時期で、ハウスメイトがやってくれるだろうと思い、そのままにして、学校に行ってしまいました。

すると、アドバイザーから呼び出し。ホストファザーが、水回りが汚いと言われ、その時期は私の部屋も散らかっていたので、写真を撮るぞなどと、怒られました。。。

私は帰ってからすぐ掃除をして、ホストファザーの怒りも治ったのですが、ホームステイ生活において、ホームステイ先でのルールを守ると言うことはとても大事!

ホストファミリーとの信頼関係も崩しかねないので、注意してください!

ホームステイ移動の希望

その家に住んでから、1学期経ち、1学期ごとにホームステイ先を変えられるということで、ホームステイ先を変えました!

もちろん、この家で住むことはすごく楽しかったです!ホストファミリーと一緒にピクニックに行ったり、犬の散歩に行ったり、他人で英語が拙い私にもすごく親身に接してくれました^^

ですが、合わなかったところも多かったです。

なので、他の家も経験したいなと思い、先輩が勧めてくれたフィリピン人のホームステイに変えました。

また、フィリピン人のホームステイ先の記事も書こうと思っているので、お楽しみに!

まとめ

皆さん、どうでしたかでしょうか?

ほとんどが私の非なのですが、この失敗からたくさんのことを学ぶことができました

私の場合、家の外見だけでホームステイを決めてしまい、自分との相性や家の交通事情、前に住んでいた人の話を聞きに行かなかったのは、馬鹿すぎます!

ホームステイ選びには、自分の性格をきちんと分析して、どの点を重視したいかを考えて、ホストファミリー先を探すということは本当に大事です!

また、住みたい場所が決まったら、そこに住んだことある人に聞いてみるということも重要です!

留学に関して、質問や気になることがありましたらコメントか、DMでなんでも相談お待ちしております^^

是非、ハイスクール留学白書のソーシャルメディア ( Instagram, Twitter, Facebook )のフォローもお願いします!!
→ ryugaku_hakusho

本サイト、ハイスクール留学白書では他にも留学に関する記事がたくさんありますのでぜひ覗いてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました