【高校留学生活】実際に商品を売って学ぶ!海外の高校の経済の授業ってどんな感じ?

スポンサーリンク
Kitty

こんにちは!
ハイスクール留学白書、編集者の Kitty です!
高校2年生からカナダの高校に留学し、卒業。
その後日本の私立大学に進学、現在大学3年生として在学しています。
高校留学の経験をもとに高校留学を検討している人への役立つ情報を発信しています!

Kittyをフォローする
高校留学

【高校留学生活】実際に商品を売って学ぶ!海外の高校の経済の授業ってどんな感じ?

こんにちは!
ハイスクール留学白書、編集者の Kitty です!

日本の高校には無くて、海外の高校にある授業...

それは経済学!!

日本でも商業高校などにはあると思いますが、一般的な高校には経済の授業なんてありませんよね?!

海外の高校には選択科目に経済学や法律など、日本の高校には無いような専門的な授業もあるんです!!

カナダの高校の音楽の授業の様子を記事にしたことがありましたが、今回はその経済学バージョンでみなさんにご紹介します!!

高校で経済学ってどんなことを学ぶの?

経済学とは経済を学ぶ学問です

消費活動や景気など、お金にまつわることを学びます

多くの大学に経済学部があるように、日本では大学に入ってから学ぶことはありますが、高校では現代社会の授業の一部でさらっと触れる程度でしょう

しかし、私の通っていたカナダの高校では、経済の授業は Economics 12 といって高校3年生レベルの経済学のクラスがありました!

なので選択科目でしたが、私は社会で生きていく中で役に立つであろう経済学を選択し受講しました!

実践的!?カナダの高校の経済の授業ってどんな感じ?

実際の Economics 授業中のホワイトボード

以前に書いた記事でも少しお話したことがありますが、海外の授業って同じ科目でも先生によって全然授業の仕方、内容が違ってくるんです!

教科書ベースで授業をしていく先生もいるし、実践的な授業を好む先生もいます

今回お話しする私が取った経済学の授業の先生は実践的な授業をする先生でした!

まず、私の先生は授業で教科書を一切使用しませんでした

基本的な経済の仕組み、需要と供給などのお話はホワイトボードを使いながら解説をしてくれたり、ケーススタディ(事例を分析する)を通して実践的に学びます

ケーススタディは資料を読んで自分なりに分析してエッセイを書いたり、アニメの中の物語で起こった事象を経済学的に見て問題を探したりと、自分で考えたり分析したりすることが多かったです

なので、テストでは用語を暗記して問題を解くことはなく、ショートエッセイ(レポート)でした!

日本の高校のテストって基本記号や用語などを書くスタイルが多いので、分析結果をレポートにするのが期末テストって大学生みたいですよね(笑)

お店屋さんごっこ?いやいや、経済学の授業ですよ!

経済学の授業の中で、一番楽しかったのが経済の仕組みを学ぶために校内で実際に商品を販売したことです!!

クラスの中で4人1組くらいのグーループに分かれて行いました!

何を売る?

グループが決まったら、まず何をいつどこで販売するのが売り上げにつながるのかなどを理由を添えて考えます

私のグループは話し合いの結果、フルーツのチョコフォンデュを販売することになりました!!

これも作りやすさや材料費などを考慮して決めました

大体の計画が決まったら中間報告として先生にプレゼンをします!

先生に納得をしてもらわないとゴーサインが出ないので、きちんと経済学的な面から理由を言えるようにしておきます!

本格的な準備開始!!

中間プレゼン後にOKがでたら、いよいよ準備に取り掛かります!!

販売する日程が近くなったらプロモーションの一環として校内にチラシを張ります

実際に使用したポスター

また、前日には全校の一斉メールにてお知らせをしたり、各自のSNSで告知を出しました!

販売前日は告知の他にもやることがたくさんありました!

私たちはフルーツのチョコレートフォンデュを昼休みを使って販売するので、前日にある程度作っておかなければいけません

授業後にグループメンバーで集まり、買い出しに向かいました

車を持っている子がいたのでとても楽で時短ができました!!

当時のインスタグラムのストーリーから...

チョコを溶かしたり、フルーツを切ったりと、学校の家庭科室のようなところで作業をしました!

販売当日

販売当日は昼休みと同時に売り出したい為、昼休み前の授業の先生に事前に許可を得て5分程前に授業を抜けさせてもらいました

売り場を人の流れが多いところに設置し、昨日準備した商品を並べます

実際の写真

支払い方法は現金と、中国人メンバーが用意してくれたWeChat Pay2種類です

WeChat Pay は中国のLINEであるWeChatでのQRコード決済です!

中国人のほとんどが利用しているので中国人学生への購買意欲向上を図ることができました!!
(私の高校はインターナショナルスクールだったので、中国人学生も多く結構効果的でした!)

違うグループではクレジットカード決済のできるデバイスを用意したりしているところもあり、今の時代のキャッシュレスにも対応していてすごいと思いました!(笑)

昼休みという短い時間でしたが、用意した分をすべて売り切ることに成功し、無事に利益を上げることができました!!

売り上げ金は後日、他のグループのものと合わせてクラスでピザパーティーに使いました!!

自分たちで企画をして製造販売したものの売り上げで食べるピザはいつもより美味しく感じました!

まとめ

このように、カナダの高校には日本の高校にないような科目があったり、教科書を使わない実践的な学習スタイルであることを知っていただけたのではないでしょうか?

高校を卒業した今でもグループで戦略を練って準備したチョコレートフォンデュ販売のことは印象深く覚えていますし、実際に体験したり、事例を通した学習をすることにより、楽しく学ぶことができました

同じグループの子と打ち上げで韓国料理を食べに行ったり、プロジェクトを通して親睦を深めることもできてとても楽しかったです!

先にもお伝えしましたが、海外の高校の授業って本当に先生によるところがありまして...

同じ科目でも全然違うことをやっているというのもザラなのでかなりにはなってきますが、それも海外高校ならではのお楽しみポイントといったところでしょうか(笑)

また他の授業もご紹介していけたらと思っております!

最後まで読んでくださりありがとうございます!

本サイト、ハイスクール留学白書では他にも高校留学に関する記事がたくさんありますのでぜひみてくださいね^^

Instagram、Twitter もやっているのでフォローお待ちしております!
→ ryugaku_hakusho

↑インスタグラムでは「留学あるある」や、「役に立つ留学ミニ情報」などを投稿しているのでぜひチェックしてみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました