日本と何が違う!?海外の高校の避難訓練!!Fire drill, Earthquake drill, Lockdown drill...!?

スポンサーリンク
Kitty

こんにちは!
ハイスクール留学白書、編集者の Kitty です!
高校2年生からカナダの高校に留学し、卒業。
その後日本の私立大学に進学、現在大学3年生として在学しています。
高校留学の経験をもとに高校留学を検討している人への役立つ情報を発信しています!

Kittyをフォローする
高校留学

日本と何が違う!?海外の高校の避難訓練!!

こんにちは!
ハイスクール留学白書、編集者の Kitty です!

誰しも経験したことのある学校の防災訓練、もちろんカナダの高校にもあります!

カナダの学校での防災訓練は日本の学校とどう違うのでしょうか?

今回はカナダの高校の防災訓練(避難訓練)がどんな感じかを紹介していきます!!

避難訓練の種類

Caution text overlay

日本での避難訓練というと大体の場合、地震を想定して行うことが多いのではないでしょうか?

私が通っていた日本の中学校では、避難訓練は基本年に1度で、地震を想定しての避難訓練でした

しかし、カナダの高校では、
・火事を想定した避難訓練( Fire drill)
・地震を想定した(Earthquake drill)
・不審者侵入を想定した( Lockdown drill)
の3種類を毎学期行っていました!

英語では訓練を Drill というので、その前に訓練の種類を付けて 〇〇 drill と言います!

それではそれぞれ、どのように行われているのかご紹介していきます!!

Fire drill

Fire, Fireplace, Flame, Hot, Heat, Embers, Orange, Glow

Fire drill は火事を想定した避難訓練です

校内の非常ベルが鳴り、非常口を使って屋外に避難します

私の高校の校庭は狭かったので、学校の前の広い公園が避難場所でした

非常ベルはかなりうるさいです(笑)

避難訓練は、やる日が学校のスケジュールに書いてあるので、避難訓練に備えて授業内容を早めに切り上げる先生もいます

Fire drill は基本非常ベルのみで、校内放送がかからないので、予定をチェックしていないと本当か訓練かわかりません(笑)

放課後(夜方)に行う寮の避難訓練もあるので、そっちは正確な時間が言われておらず、シャワー中に非常ベルが鳴って、避難をしなければならない!という場合もあるので避難訓練日はシャワーを浴びるのもドキドキです(笑)

また、誤作動や煙などにも反応して非常ベルが鳴ることもありがちなので、その場合は避難後、確認の時間があり、なかなか校舎に帰してもらえないので冬は急いでいてもコートを忘れずに持っていくことが重要です!!

Earthquake drill

snow covered ground during daytime

次に Earthquake drill、地震を想定した避難訓練を紹介します

Earthquake drill では、校内放送で「地震が発生しました」と流れます

日本同様、机の下にもぐり、揺れが収まった、避難開始の放送が流れるまで待機します

その後、校舎の外に出て避難します

日本と違うところとしては、カナダの高校には防災頭巾やヘルメットなどが無いということです

日本の学校では防災頭巾またはヘルメットを1人ずつ持っていて、被って避難という場合が多いと思いますがカナダの高校には防災グッズのようなものは個々に特に用意されていませんでした

また、これはハイスクール留学白書のインスタグラムであるあるとして書いたのですが、地震の防災訓練や地震に関することを授業で行う際、必ずといってもいいほど、日本人である自分に話題が振られます(笑)

外国人にとって地震大国に住んでいる日本人は地震の専門家のような存在で、頭を守る!など普通のことを言っても日本人が言うと説得力があるそうです...(笑)

Lockdown drill

group of police in the middle of the road

最後は Lockdown drill、不審者侵入を想定した避難訓練です

日本ではあまり行わない訓練なのではないでしょうか

Lockdown は日本語で言うと封鎖という意味です
なので、不審者侵入の校内放送が流れると、各教室にある Divider (仕切りのようなプラスチック製の板)を教室の窓にはめて、廊下から教室の中が見えないようにします

左側にある黄色い板をドアや窓にはめます(実際の教室の写真)

廊下から教室内の様子を見えないようにし、教室の電気を消し、教室のカギを内側から閉め、机の下や物陰に身を潜めます

Lockdown drill ではとにかく音を立てないことを意識して隠れることがポイントです

しばらく隠れていると、侵入者役の先生が教室のドアや窓をドンドンと叩いたり、ドアノブをガチャガチャして攻撃してきます

それに反応することなく、訓練終わりの放送が流れるまで静かに隠れます

かくれんぼみたいで少し楽しいです(笑)

しかし、侵入者に備えての防災訓練を行うのはよく考えると少し怖いですよね...

実際、カナダでは過去に学校での銃乱射事件で死亡者が出ていますし、日頃から訓練をすることは重要です

まとめ

今回はカナダの高校の防災訓練についてお話ししました

日本には無い Lockdown drill などもあり面白いですよね!

また、意外と海外の学校の方が避難訓練を行う回数が多いことは個人的に留学して驚いた点でもあります
(日本の学校では年に1~3回くらいだったので、各目的別の防災訓練を合計年10回以上は行うカナダの高校には驚きです!私の学校は異常に多かったのかもしれませんが...笑)

しかし、日頃から防災意識を持つことは大事です!

みなさん、世界のどこへ行っても安全第一で生活をしましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございます!
本サイト、ハイスクール留学白書では他にも高校留学に関する記事がたくさんありますのでぜひみてくださいね^^

Instagram, Twitter もやっているのでフォローお待ちしております!
ryugaku_hakusho

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました