日本と全然違う!!海外の高校の授業中ってどんな感じ?

スポンサーリンク
Kitty

こんにちは!
ハイスクール留学白書、編集者の Kitty です!
高校2年生からカナダの高校に留学し、卒業。
その後日本の私立大学に進学、現在大学3年生として在学しています。
高校留学の経験をもとに高校留学を検討している人への役立つ情報を発信しています!

Kittyをフォローする
高校留学

海外の高校の授業スタイルってどんな感じ?

 

こんにちは!
ハイスクール留学白書、編集者の Kitty です!

早速ですが、みなさんが抱いている海外の高校での授業のイメージはどんな感じですか?
日本より自由?難しそう?日本の高校の授業スタイルとどう違うんだろう?...と、気になる人も多いかと思います

特に高校留学を検討している方は海外の高校の授業がどのような感じに行われているのかを事前に知っておくのも留学準備に役立つのではないかと思います

そんな疑問を解決する為、今回はカナダの高校に通っていた私が、海外の高校の授業がどんな感じで行われているかを紹介していきます!

 

全部が移動授業!?休み時間は大忙し!!

woman wearing blue denim jacket holding book

日本の高校では一般的に、生徒がずっと同じ教室にいて、次の時間になるとその教科の先生が自分たちの教室にやってくるという、先生が移動するスタイルですよね
音楽や体育など以外は基本的に自分の教室の自分の席から動く必要はありません

しかし、海外の高校では生徒ではなく、先生が教室を持っているというイメージで、生徒は授業が終わり、休み時間になると、次に受ける授業の先生が使っている教室に移動しなければなりません
毎回の休み時間は移動時間も込みということになり、前の授業が押していたら教室の外で待たなければいけなかったりと面倒です...

1時間目が1階の教室で、2時間目が3階の教室とかだと距離があって、さらに廊下が混んでいたりすると休み時間がほとんど移動に奪われてしまうことも...

荷物も毎回まとめなければいけないので結構大変です(笑)

授業中の飲食は自由?

pastry beside ceramic mug

日本の高校では食べ物はもちろん、授業中に飲み物を飲むのも禁止ですよね
夏場に水は先生の許可を得れば飲むことができる場合があるかもしれませんが基本飲食厳禁です

一方、海外の高校では基本、飲食自由です
但し、先生によって許容範囲が大きく異なります

先生によっては全く気にしない先生もいますが、授業中にお菓子を食べるときはクラスメイトとシェアしなければならないという決まりを設けていたり、コーヒーやジュースは良いがタピオカはNGとか先生がナッツアレルギーだから教室内ナッツ類禁止とか先生によって制限があったりします

しかし、飴、ガムはもちろん、軽いスナック程度であれば大体OKです!

寮生で、朝ごはんを食べる時間が無かったからと授業中、教室にカフェテリアからそのまま持ってきた朝食プレートとドリンク付きでナイフとフォークで優雅に朝食を食べている生徒もいました(笑)
(これには先生も驚いていましたが朝食は大事だからと笑っていました)

授業にはパソコン必須!!

Laptop, Workspace, Desk, Workstation, Work Place

海外の高校では授業もパソコン、課題もパソコンで行う場合が多いです
私の高校では学校から生徒にノートパソコン(ラップトップ)を1台ずつ貸し出していました
(現在はタブレットPCになったそうです)

先生もパソコンやスクリーンを使い、授業を進めていきます
また、テストをパソコンで受けることも多いです

カナダの高校の国語や文系科目の授業ではエッセイを書くことが多いです。そしてエッセイなどの文章を書くときはパソコンの Word(ワード)というソフトウェアを使って作成します。

また、授業内でプレゼンテーションをする機会も多いのでパワーポイントやグーグルスライドなどを使うことも多いです

日本の学校生活でほとんどパソコンを使う機会が無く、タイピングも苦手な人が多いです
高校留学に行く前に、パソコンやキーボードの操作、タイピングに慣れておくと便利です!!

授業中に集中力が切れたらトイレへGO!

Wall, Brick, Concrete, Cement, Background, Company

1コマの授業時間が日本よりも長いことや移動時間に休み時間が取られてしまうこともあり、海外の高校では授業中にトイレに席を立つことは普通です
先生によっては授業中、許可を取らなくても勝手に教室を出て大丈夫です

トイレに行ったり、廊下に水を汲みに行ったり、眠そうな生徒がいると先生がちょっと歩いてきなと促したり...自分の好きなタイミングで教室から1回出て気分をリフレッシュすることができます!

トイレが近い私にとってはうれしい制度でした(笑)

授業中に音楽を聴きながら作業できる

From above of crop anonymous African American female in sweater studying and outlining words on paper at table with smartphone

海外の高校では数学で問題を解いているときや、エッセイを書くときなど、授業中に個々で作業するときはイヤフォンで好きな音楽を聴きながら行うことができます

もちろん、先生が説明をしているときにイヤフォンをしていたら怒られます(笑)
ですが、音楽は集中力向上にも良いということで、作業時には許可されていました

実際、イヤフォンを着けて音楽を聴きながら行うと自分の世界に入れるので作業効率は上がると思います

強制ではないので自分にあった勉強方法を授業中でもできるという選択肢があるのはいいことですよね!

まとめ

いかがでしたか?
海外の高校の授業の様子は日本の高校と全然違いますよね!
日本の高校よりも自由で個人を尊重するスタイルだと思います

私の高校は1コマ94分授業と長かったのですが、授業中にスナックを食べたり、廊下に出たり、音楽を聴いたりできたので飽きずに集中して授業を受けることができました

また、最初のうちはパソコンで文章を書くことに慣れず苦戦をするかと思いますが、大学に行っても、社会に出ても必要なスキルですし、タイピングに慣れると書き直しも楽だったり、他人が書いたエッセイを読むのも手書きのものよりもはるかに読みやすいので便利です!(筆記体だったり読めない程崩れたアルファベットを書く人本当に多いです。笑)

日本のスタイル、海外のスタイルとそれぞれ好みはあると思いますが、両方経験した(マイペースな性格の)私からすると、カナダの高校の授業スタイルの方が自分のペースで勉強ができたので好きです

みなさんはいかがですか??

質問や気になることがありましたらコメント欄にコメントください^^
Instagram、Twitter もやっているのでよかったらフォローをお願いします!!
→ ryugaku_hakusho

最後まで読んでくださりありがとうございます!
本サイト、ハイスクール留学白書では他にも高校留学に関する記事がたくさんありますのでぜひ覗いてみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました