【激変】普通の女子中学生が海外に行って変わった7つのこと!

スポンサーリンク
mio
mio

ハイスクール留学白書、編集者 mio
大阪 公立中学 卒業
カナダ バンクーバー ボドウェルハイスクール 卒業
バンクーバー ランガラカレッジ(2年制大学)卒業
現在、大学の3年次編入試験に向けて、勉強中です!
4年半の留学経験をもとに、留学について、役に立つ情報を発信しています

mioをフォローする
大学留学

普通の女子中学生が海外に行って変わった7つのこと!

こんにちは!

ハイスクール留学白書、編集者の mio です

今回は、『海外に行って変わった7つのこと』を紹介していきたいと思います!

私は、中学までは、地元の中学校で過ごし、特別な英語教育も受けず、部活ばかりしていた普通の中学生でした

15歳で単身で高校留学をしてから、私の生活が180度が変わったのですが、今回は、具体的にどのような影響を受けたのか、紹介していこうと思います!

顔、服装が外人っぽくなった

私の留学前は、バレーボール部だったので、毎日ポニーテール、メイクなど全然興味がなく、ファッションも適当!

今思うと、めちゃくちゃダサかったです(笑)

今も、おしゃれではないのですが、確実に、「Zara」「H&M」などの海外ブランドばかりを着るようになりました!

皆さんの外国人のファッションのイメージはわかりませんが、露出は多いイメージは持っているかと思います!

なので、私も、自然に胸元が出ているファッションを選んでしまいますし、海外寄りのファッションを好むようになりました!

自信がついた!

留学に行ってから、精神面で変わったと言えることは、自信がついたということです!

高校生ながら、一人でメキシコの田舎町に行ったり、中国で乗り継ぎをしたり、前の記事をご覧いただいた方はわかるかもしれないのですが、シアトルに行くために、1人でヒッチハイキング的なことをしたりと、度胸はつきました(笑)

↓記事をご覧になられていない方は、こちらから!!

【留学生の休日】バスで国境を超える!?高校留学中に海外旅行 in シアトル!!
今回はカナダ、バンクーバーに高校留学中、バスで友人とアメリカ、シアトルに2泊3日の卒業旅行に行った話をします!バスで国境を超えるのは初めての経験で、まさかのハプニングもありましたが、しっかり観光してきました!海外旅行にパスポートはお忘れなく...(笑)

今では、基本的に、何をしても、恥ずかしくなくなりました!

また、言語も文化も知らない場所に飛び込んで、生活することで、自然に自信がつきました!

今でも、何か自分が苦手なことをやる時でも、留学当初のことを思い出すと、「15歳の私でもできたんだから、大丈夫!」と、思い出すだけで自信が出てきます!

日本人としてのアイデンティをより大切にするようになった

海外に留学するとき、「外国に染まってしまうんじゃない?外国から抜け出せなくなるんじゃない?」と周りによく言われましたが、そんなことないです!

考え方や価値観は変わりましたが、どれだけ長い間海外に住んでいたとしても、やっぱり根本は日本人!!

海外にどれだけ滞在しても、授業中の発言は苦手ですし、日本人と一緒にいると安心しますし、日本食が大好きですし、日本は1番住みやすい!と思っています

あと、留学先で、色々な国の友達ができましたが、日本が大好きな人と出会う人が本当に多いんです!

日本人のことを褒めてくれる人や、アニメや文化について、褒めてくれることもたくさんありました!

海外に行くことで、日本人でいるということをより誇れるようになりました!

自然に感謝するようになった!

私は、留学に行く前は、自然に行くなど全くしたことがなく、遊びに行く時も、ショッピングやご飯に行くしかしたことがありませんでした!

ですが、留学に行ってからは自然に触れる機会がすごく多くなりました!

夏は毎週ビーチに行ったり、山に行ったり、冬はスキーに行ったり。。

特に、自然が豊富なバンクーバーに行ったということはありますが、自然に触れることの大切さを学びました!

また、外国人は、自然に対する意識が高いので、地球温暖化のことを学ぶことも多く、地球温暖化に対してのストライキが行われたりなど、自然に対する意識もすごく上がりました!

親孝行をしようと思えるようになった

日本では、反抗期など普通ですし、「ママコン」、「シスコン」、「ブラコン」など、家族を大切にすることに対して、ネガティブな意味合いを持つことがありますよね。

私も、留学前は、反抗期全盛期。親とも妹とも毎日のように喧嘩していました(笑)

ですが、海外に行って、自分で洗濯や家事をするようになってから、『親の大切さ』がしみじみとわかりました

留学も、費用がとてつもなくかかるのにも関わらず、出してくれたことは本当に感謝しています!

また、外国人は、家族を大切にするのは何より1番で、大切にしなかったり、反抗するのは、ありえない!という感じなんです

私が留学中付き合っていた彼氏も、毎日お母さんに電話して、「ありがとう。大好きだよ!」などと言っていて、最初はすごく驚いたのですが、彼を見て、『私も親孝行しないとな。』と改めて感じました!

ニュース、経済事情など、いろいろなことに興味を持つようになった

留学先で衝撃だったのが、同世代のクラスメイトが、みんな、国内の政治や経済について、自分の意見を持っていた!ということです!

私は、それまで新聞など手にしたこともなかったですし、ニュースを見たとしても「エンタメ」。。政治経済について何の興味も抱いていませんでした

クラスメイトが、自分の国の政治事情を答える中、先生が、「日本ではどうなの?」と聞かれたのですが、知らないので、頭は真っ白。

そこで、『私は日本について何も知らないなあ』と痛感しました。

海外の授業は、自分でニュースの記事を調べて、プレゼンテーションをしたり、まとめたり、という授業が多く、今起こっている問題に触れる機会がとても多いです!

そこから、大学では経済学部に入って、経済学の勉強をしたりと、留学してから色々なことに興味を持つようになりました!

幸せが1番!自分を大切にするようになった!

日本は、移民が少ないということもあって、考え方が硬くなりやすいと思います。

なので、大学に行って、企業に勤めて、とちゃんとしたレールに乗っていないと、変に思われたり、親に反対されがちですよね。

ですが、海外に行くと、本当に色々な人がいます!特にバンクーバーは、色々な国の人が移民している場所なので、たくさんの価値観や考え方に触れる機会がありました!

世界1周を目指しているバックパッカーだったり、仕事を辞めてセカンドライフのために留学に来た人や、毎日パーティーをしている人など、みんな自分の夢ややりたいことをしている人ばかりだったんです!

日本では、こういう人は少ないですよね。ですが、私は、この人たちと日本人の幸福度を見たときに、やりたいことをやっている人の方が、絶対に幸福度は高いと思います!

そういう人を見て、周りの人や概念に囚われて、合わせるだけじゃもったいないし、人生損したくないな。私の知らない世界が、たくさんあって、色々な世界をみたい!と、より強く思うようになりました!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます!

留学する上で、色々な国の人と出会い、違う観点からの教育を受け、たくさんの価値観、考え方に触れて生活することで、私の価値観は180度変わりました!

「もし、留学してなかったら。」と考えた時、私は何も強い意思を持つこともなく、レールに乗って生きる人生だったと思います。

『留学する』というのは、もちろん英語力の上達のためでもありますが、考え、価値観を柔軟にしたりするためにも、すごくタメになります!

留学に関して、質問や気になることがありましたらコメントか、DMでなんでも相談お待ちしております^^

是非、ハイスクール留学白書のソーシャルメディア ( Instagram, Twitter, Facebook )のフォローもお願いします!!
→ ryugaku_hakusho

本サイト、ハイスクール留学白書では他にも留学に関する記事がたくさんありますのでぜひ覗いてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました