進路に迷っている中学生におすすめ!高校留学という選択肢のメリットとは?

スポンサーリンク
mio
mio

ハイスクール留学白書、編集者 mio
大阪 公立中学 卒業
カナダ バンクーバー ボドウェルハイスクール 卒業
バンクーバー ランガラカレッジ(2年制大学)卒業
現在、大学の3年次編入試験に向けて、勉強中です!
4年半の留学経験をもとに、留学について、役に立つ情報を発信しています

mioをフォローする
高校留学

 

こんにちは!

ハイスクール留学白書、編集者の mio です

今回は、高校留学のメリット、デメリットを、実際に高校留学を経験した私たちの視点から紹介していきたいと思います!

今、進路に迷っている中学生の方はたくさんいると思います
私も中学生の頃、自分はどの学校に行けばいいのか、どの学校が合うのかわからず途方に暮れていました

そこで、私は高校留学という選択肢をみなさんにお勧めしたいと思います!

高校留学 メリット&デメリット

メリット

  1. (ネイティブ近いレベルまで!)本格的な英語のレベルアップ
  2. (日本に戻ると…)受験に有利
  3. (一度きりの人生)人生の選択肢が広がる
  4. (こんな世界もあったのか!!!!!独自の学びや経験ができる

デメリット

  1. (シャレにならないほど)学費、生活費が高い
  2. 最初は火星に行ったのと同じ)言語の壁
  3. (日本食食べたい!)ホームシック

メリット1:英語が苦手でも大丈夫!本格的な英語のレベルアップ

高校に留学することで、努力次第ではネイティブ近い英語力を手にすることができます

留学に行ってみたいけど英語は苦手。。ですが、安心してください!!

最初は誰も英語を喋ることができません(どんなに勉強して自信があるやつでも)
私も留学に行った当初は、英語で注文すらできませんでした。。。

どんなに英語が苦手な子でも、現地でクラスメイトや先生と触れ合い、日常生活を過ごすことで、英語は自然に身についてきます!

メリット2:受験戦争に有利!帰国生入試を活用できる

海外の高校を卒業すると、大学入試の際、帰国生入試制度を活用することができます

帰国生入試は、日本の大学の半数以上にあたるおよそ400大学で実施されます
偏差値の高い有名私立大学の早稲田大学・慶應技術大学や国公立大学を、一般入試よりも少ない科目で特別に受験することができます

私の高校の友達も、帰国生入試制度を活用したほとんどが、有名私立大学や国公立に進学しています

Y君とMさん・・・慶應(コネがあるのか?)
Gさん、Yちゃん・・・ICU(私もいきたかった)
Sちゃん・・・横国(マジで!!!)

私の学校は、数年前から立命館大学と提携し、毎年約3名の推薦枠がありました!

後のブログで帰国生入試制度についてや、帰国生入試で有名私立大学に入学した友達のインタビュー特集を組むので、お楽しみに!!!

メリット3:人生の選択肢が広がる!

高校留学で培った英語力を生かして、英語圏の大学はもちろん、世界中いろいろな大学を視野に入れることができます

もしバンクーバーの高校を卒業したのであれば、
日本に戻ることもできますし、違う都市、違う英語圏の国、他の国などなど選択肢は無限にひろがります!

正直、日本の高校から海外の大学の入学は、どれだけ成績が良くても、英語共通テスト(IELTS、TOEFL)の点数が良くない限りは難しいです。。

もし海外の大学にいきたい!将来、海外で働きたい!と思うのであれば、高校留学はすごくおすすめです!

メリット4:海外の高校独自の学びや経験ができる

海外の高校には、日本の高校とは違い、違うバックグラウンドを持っている子がたくさん集まります

例えば私が通った高校は、ロシア人、メキシコ人、中国人、韓国人、ドイツ人、モンゴル人、トルコ人、イラン人、カザフスタン人、ナイジェリア人・・・などおよそ42ヵ国からの留学生がいたので、その国の文化や社会について、旅行だけでは絶対に知ることができないであろうことをたくさん学べました

学校行事も、ハロウィンパーティー、プロム、バレンタインなど、日本の高校では経験できないことだらけです!

デメリット1:学費、生活費が高い

高校留学にかかる費用は、渡航費などを含めて400万円〜600万円ほどです

渡航先の国や学校、海外に滞在する期間によって、費用は大幅に変わってきます

英語圏でも、イギリス、アメリカ、カナダは費用が高いのに比べて、同じ英語圏でも、ニュージーランドなどは、比較的学費が安いです

留学先の国選びに迷っている方は、こちらの記事に私たちがカナダ、バンクーバーを選んだ理由を紹介しているので参考にしてみてください^^

なぜ高校留学にカナダがいいの?

また、奨学金などの金銭面での支援が欲しい方は、トビタテ!という文部科学省を中心として始まった海外留学支援制度などがあります

返済不要で、学力、語学力不問なので、是非こちらを参考にしてみてください!

デメリット2:言語の壁

他の国の人と交流するとき、誰にでも言語の壁が立ちはだかります

私も、思っているように言葉が伝わらないことは、たくさんありました

伝わらないから話すのはやめよう。と諦めるのではなく、話せないからこそより話すことで、どんどん英語力が上達していきます!

高校には、授業内でのグループプロジェクト、遠足などのアクティビティや部活動など、いろいろな交流の場があり、積極的に参加することで、自然に言語の壁は低くなっていきます

デメリット3:ホームシック

大きく環境が変わった時、誰にでもホームシックは起こります

1人で知らない地に飛び込んで行くわけですから、日本にいる家族や友達に会いたくなったり、日本食が食べたくなったり。

ですが、留学生活中は、授業、課題、部活動などやることがたくさんあるので、ホームシックになっても、目の前のことをこなしていくとあっという間に時間は過ぎていきます

ホームシックにならないためにも、友達と遊びに行ったり、部活動に励み、休みの期間は日本に帰ったりすることで、ホームシックになることは少なく楽しく留学生活が過ごせると思います^^

まとめ

今回は、高校留学のメリット、デメリットを私の経験に基づいて紹介していきました!

高校留学は、私の人生で本当にしてよかったなと思う選択の1つです!!
高校留学という決断には勇気がいるかもしれませんが、英語力に対してのニーズがどんどん高まっている中、あなたの資産になることは間違いないです!

このブログでは、高校留学においてのタメになる情報がたくさんあるので、ぜひ他の記事も見てみてください!

また、質問や気になることがあれば、気軽にコメントしてくださいね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました